注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

Fulia@blog.com

 
 
 

日志

 
 

【蛍 火 の 森】  

2007-02-26 16:13:00|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

『你是谁。』

あなた、だれ?

『阿金。』

金ちゃん。

 

『妖怪他们,可以碰阿金呢。』

モンストだちは、金ちゃん触れてきるね。

 

『不戴这种面具的话,我看起来就不像妖怪了吧。 』

もしこのようなマスクをつけなければ、私が見てばけものに似ていないだろう。

『我会保护你的。』

僕は君を守る。

 

『就算必须穿越人群,我也想要见你。』

人の群れを通り抜けらなければならない、僕も君に会いたい。

 

『明年的夏天,他大概不会再到那个地方来了吧,这,大概是最后一次。』

来年の夏、彼はたぶんあそこへ行かないだろう、これ、たぶん最後だ。

 

『阿金,不要忘了我哦。』

金ちゃん、私のことを忘れないでくたさいよ。

 

 『萤,过来、我终于可以抱你了。
蛍、ここに着いて来る、僕はやっと君を触れることができる

 

『阿金。』

金ちゃん。 

 

『阿金。』

金ちゃん。 

 

『阿金。』

金ちゃん。

 

我暂时,无法愉快的期待夏天的来临吧,胸口好痛,眼泪停不下来。

私はしばらく、夏が来ることを楽しい期待しない。みぞおちが痛み、涙が止められない。

 

『可是,残留在手上的余温,和夏天的回忆,会陪我一起活下去。』

しかし、手中に残っている余温と夏の追憶は私に付き添っていっしょに生きていく。

 

『我喜欢你。』


私はあなたのことが好きだ。

 

 『恩,我也是。』

ええ、僕も。

 

  评论这张
 
阅读(2)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017